なたまめ茶を徹底解説&比較! なたまめ茶選びの強い味方!

なたまめ茶の選び方

新聞やテレビで「なたまめ」が取り上げられるようになってから、多くのなたまめ茶が販売されるようになりました。
ここで紹介する6種類以外にも、たくさんのなたまめ茶があるから、何がどう違うのか困ってしまいます。
そこで、私が飲んでみるのはもちろん、いろいろなウェブサイトや雑誌を調べてあみ出した、なたまめ茶の選び方を紹介します。ご参考までにどうぞ。

一番大事なのはズバリ原産地。産地にこだわりましょう!
多くのなたまめは外国産のもの、とくに中国産。やっぱり口に入れる“飲み物”ですから、安全性にはこだわりたいですよね。
残留農薬の検査や生産管理のルールはしっかりやってらっしゃると思うのですが、正直な気持ちを言うと、やっぱり国産が安心だと思います。国産のなたまめを扱っている会社は生産者の顔も見えて、この人たちが作ってるんだ!と思うと、味もやっぱり美味しく感じますよね。
『産地、そしてお茶になるまで』にもこだわりましょう
安全性にこだわるなら、産地からお茶になるまでの過程にも注意したいですね。せっかく無農薬や有機栽培にこだわって生産しても、保管時や流通時の衛生管理や、加工方法が不衛生な状態だったら、やっぱりいろいろ心配です。
そうなると、中国産の衛生管理はやっぱり不安…。その点でも国産なたまめ茶の各社は、会報誌などで保管方法や加工方法まで情報開示してくれて安心できました。
『なたまめの品種・種類』は要チェック!
「赤なたまめ」と「白なたまめ」 実は、なたまめには「赤なたまめ」と「白なたまめ」の2種類があります。サヤや豆の大きさは同じなのですが、色がまったく違うのです。「赤なたまめ」は目にも鮮やかな深い赤色が力強い印象です。
「白なたまめ」は雪のように真っ白で、かわいらしい印象を受けます。
栄養価は同じらしいのですが、豆や野菜などは一般的に色が濃いほどポリフェノールが多いと言われています。そう聞くと「赤なたまめ」のほうを選びたくなりますね。
『口コミ・飲んだ人の感想』も是非参考に。
健康食品こそ試した人の口コミを十分参考にしてみて欲しいと思います。同じような症状・年齢・悩みを抱えていた人の意見は非常に役立ちます。
このサイトでもなたまめ茶をお試しになった方々の体験談を掲載しています。参考にしてみてください。
>>なたまめ茶体験談を見る
最後はやっぱり『味』にこだわりたい!
健康茶だとしても、やっぱりおいしく飲めないと続けられませんよね。好みもありますのでいろいろ試すのが一番ですが、それもなかなか難しいことです。
そこで私のオススメは、いろいろな健康素材をブレンドして味を調整したなたまめ茶。なたまめだけをお茶にしたものもありますが、個人的にはちょっとニガさが……。
その点、ブレンドなたまめ茶はまるで麦茶のような口あたり!ごはんともよくあって、毎日続けるならコレって感じです。